サトイモ

サトイモ科の植物の地下茎が肥大化した部分。
株の中心にできる親イモを囲うように、子イモ、孫イモが増えていくのが特徴です。

品種によって食用部分が変わり、親イモを食べる「たけのこイモ」、子イモを食べる「土垂(どだれ)」、親・子イモどちらかを食べる「えびイモ」の3つに分けられます。

1年中流通していますが、品種に応じて、8月下旬~1月の期間で旬の時期がズレるようです。

サトイモに関する豆知識

ニンニクの保存方法

ニンニクは、さまざまな料理に活用できる万能野菜。 ただ正しい方法で保存しないと、乾燥でしわしわになってしまったり、芽が出てきたりしてしまうんです。 この記事では、ニンニクの保存方法を常温・冷蔵・冷蔵別にご紹介します。 詳しく見る

ニンニクの選び方

ニンニクを選ぶ際は、「表面・形・重さ・におい」に注目するのが大切。 白くて重く、下部が大きく、においが強すぎないものは、新鮮で美味しいでしょう。 この記事では、ニンニクの選び方で重要なポイント4つをご紹介します。 詳しく見る

ニンニクの種類

ニンニクには、国産・外国産を含め、多くの品種が存在します。 代表的なものは「ニンニク・ジャンボニンニク・プチニンニク・黒ニンニク」などです。 この記事では、ニンニクの代表的な種類の特徴をご紹介。 また、旬の時期や向いている料理もお伝えします。 詳しく見る

ニンニクの栄養

ニンニクは、アリシンやビタミンB6のほか、リンや葉酸などの栄養成分を含んでいます。 滋養強壮効果があるほか、歯や骨を作るサポートをしてくれたり、貧血を予防したりしてくれるんですよ。 この記事では、ニンニクの代表的な栄養成分とその効果についてご紹介します。 詳しく見る

オカワカメの保存方法

オカワカメは、豊富な栄養成分を含んだスーパーフードですが、乾燥に弱く傷みやすい野菜。 ですが、正しい方法で保存すれば、日持ちが可能なんですよ。 この記事では、オカワカメの保存方法を冷蔵・冷凍別にご紹介します。 詳しく見る

オカワカメの選び方

オカワカメの選び方では、「色・厚み・表面」を見分けるのが重要となります。 葉が濃く鮮やかな緑色で、厚みがあるオカワカメは新鮮で美味しいでしょう。 この記事では、オカワカメを選ぶ際に大切なポイント3つをご紹介します。 詳しく見る

オカワカメの種類

オカワカメには、「雲南百薬」「アカザカズラ」「ツルムラサキ」などの呼び名があります。 ですが、呼び名が多くあるだけで、オカワカメの種類は1種類だけなんです。 この記事では、オカワカメの特徴や旬の時期、向いている料理などをご紹介します。 詳しく見る

オカワカメの栄養

オカワカメには、マグネシウムやカルシウム、銅、亜鉛、葉酸などの栄養成分が含まれています。 滋養強壮によく、栄養豊富なスーパーフードとして近年注目を浴びているんですよ。 この記事では、オカワカメの代表的な栄養成分をご紹介します。 詳しく見る

コマツナの保存方法

コマツナのような葉物野菜は、水分が多い分乾燥に弱く、傷みやすいのが特徴。 ですが、正しい方法で保存しておけば、日持ちさせることも可能なんです。 この記事では、コマツナの正しい保存方法を冷蔵・冷凍別にご紹介します。 詳しく見る

コマツナの選び方

コマツナを選ぶ際は、「色・葉・茎」を見分けるのがポイントです。 この3つを正しく見分けられれば、新鮮で美味しいコマツナがわかります。 この記事では、コマツナを上手に選ぶ、3つのコツについて詳しくご紹介します。 詳しく見る

コマツナの種類

コマツナには、数多くの品種が存在しますが、大きく「有袴型・無袴型・中間型」の3種類に分類できます。 種類によって、葉の色や形状に特徴があるんですよ。 この記事では、コマツナの代表的な3つの種類をご紹介します。 詳しく見る

コマツナの栄養

コマツナは、栄養価が高いことで知られる緑黄色野菜。 カルシウムやβ-カロテン、ビタミン類や鉄分などを含み、健康や美容によいとされているんです。 この記事では、コマツナの代表的な栄養成分とその効果についてご紹介します。 詳しく見る

モヤシの保存方法

モヤシは使い勝手がよく安価なため、買いだめしておきたい野菜のひとつ。 ですが、鮮度が落ちやすいため、使い切れず弱らせてしまった、という方も少なくないでしょう。 この記事では、モヤシの鮮度を少しでも長く保つための保存方法を冷蔵・冷凍別ご紹介します。 詳しく見る

モヤシの選び方

モヤシを見分ける際、注目すべきなのは、「表面・茎・豆」です。 表面にハリ・ツヤがあり変色がなく、茎が太く短いものは、新鮮で美味しいでしょう。 この記事では、美味しいモヤシの選び方で大切な3つのポイントをご紹介します。 詳しく見る

モヤシの種類

モヤシは、「緑豆モヤシ」「ブラックマッペモヤシ」「大豆モヤシ」と大きく3つの種類に分けられます。 この記事では、モヤシの代表的な3つの種類をご紹介。 それぞれの特徴や、むいている料理をお伝えします。 詳しく見る

モヤシの栄養

モヤシは、通年手に入りやすいうえ価格が安く、さまざまな料理に活用できるのでご家庭で重宝される食材です。 ただ、どのような栄養が含まれているかまでは、意外に知られていません。 この記事では、モヤシに含まれる代表的な栄養成分を5つご紹介します。 詳しく見る

サヤインゲンの種類

サヤインゲンの種類は、つるが長く伸びる「つる性(つるあり種)」と、つるが伸びない「わい性(つるなし種)」の2種です。 この記事では、サヤインゲンの種類や、それぞれの特徴をご紹介します。 詳しく見る

サヤインゲンの保存方法

彩りや副菜に欠かせないサヤインゲンですが、一度に多くの量は消費できないため、余らせてしまう人も少なくないでしょう。 ですが、上手に保存しておけば、無駄なく活用できて非常に便利です。 この記事では、サヤインゲンの保存方法を冷蔵・冷凍別にご紹介します。 詳しく見る

サヤインゲンの選び方

サヤインゲンの新鮮さや美味しさは、「色・形・太さ」で見分けることが可能。 3つのポイントをチェックすれば、質のよいサヤインゲンを見極められますよ。 この記事では、良質なサヤインゲンの選び方をご紹介します。 詳しく見る

サヤインゲンの栄養

料理に彩りを添えてくれるサヤインゲンは、副菜や添え物によく使用される野菜。 実は、食物繊維やビタミンB、カリウムやβ-カロテンなどを含む栄養満点なんですよ。 この記事では、サヤインゲンに含まれる代表的な栄養成分と健康効果をご紹介します。 詳しく見る

サトイモの保存方法

温暖な地域が原産地であるサトイモは、気温や湿度の変化に弱いデリケートな野菜。サトイモの正しい保存方法を覚えれば、乾燥やカビを防いで美味しく食べられますよ。この記事では、常温・冷蔵・冷凍それぞれにおけるサトイモの保存方法をご紹介します。 詳しく見る

サトイモの選び方

サトイモの選び方のポイントは、「表面・形・触感」の3つ。表面に湿り気があり、色や形がキレイで固く締まったサトイモを選ぶのがコツです。この記事では、美味しいサトイモを見分ける方法を詳しくご紹介いたします。 詳しく見る

サトイモの種類

ひとくちにサトイモといっても、種類はさまざま。日本だけでも200種類以上あり、それぞれ見た目や形、味わいが違うんですよ。この記事では、サトイモの代表的な種類を5つピックアップしてご紹介いたします。 詳しく見る

サトイモの栄養

サトイモは、食物繊維やミネラルなど、身体によい栄養素が豊富な野菜です。この記事では、サトイモの代表的な栄養成分と健康効果について解説いたします。 詳しく見る

サトイモを使ったレシピ

野菜の一覧はこちら